MMRecordsロゴ

www.mmrecords.jp
ザ・ピーコック・スーツ
THE PEACOCK SUIT

THE PEACOCK SUIT are…
☆高橋一路/Kazunori Takahashi☆
 (ヴォーカル、リード・ギター、ベース、エレクトリック・シタール、キーボード)

 1987年、ザ・シャムロックとしてポニー・キャニオンよりシングル「イッツ・マイ・ラヴ」でデビュー。以後、93年までポニー・キャニオンより4枚、エピック・ソニーより2枚のアルバムをリリース。ザ・シャムロック解散後の94年には、ソロ・プロジェクト、シークレット・クルーズを結成。エピックに2枚のアルバムを残す。ビートルズにはじまってソウル、ジャズ、AORと多岐に渡るその音楽性には定評があり、作曲家としても沢田研二、SMAP、研ナオコ、内田有紀など数多くのアーティスト、歌手に楽曲を提供している。

小松崎健郎/Takeo Komatsuzaki☆
 (ヴォーカル、リズム・ギター、エレクトリック・シタール、ハーモニカ)

 大学卒業後、音楽関係の会社数社を経て1998年、フリーの音楽評論家として独立。ビートルズ以降の英米のロック、ポップスを中心にCDやDVDのライナーノーツの執筆や監修、雑誌への寄稿、さらには番組やイベントのプロデュースなどを手掛ける。またエッセイストとしても各種の新聞や雑誌などで、音楽以外の記事やコラムを執筆している。

ザ・ピーコック・スーツ


MMRecordsから発売されている作品 ★MMrecords WEB SHOPにてご購入いただけます
PS_jk The Peacock Suit
2009年7月29日
¥2,500(税込)/Milkwood:PS-501
1.ペティ/2.ミルクの森で/3.待ちぼうけ/4.ミルクと煙草/5.すてきなリップス/6.プリティ・ガール・ホワイ?/7.いたずらな魔女/8.レディ・クリシュナ/9.ライフ・イズ・ア・ドリーム/10.オン・ザ・ボーダー/11.輝く金字塔/12.ホールド・ミー・タイト/13.ペティ -Reprise--Bonus Track-/14.白い散歩道 -demo version-

■ 推薦コメント■

ありのままを見せりゃいいというメッセージが、大雨になって降ってきた。
どうしょうもなく眩しいあの青春の痛みのすべてを、ザ・ピーコック・スーツは無邪気に蹴っ飛ばすのだ。小松崎健郎のやんちゃなフットワーク、恐るべしである。

  ──直枝政広(カーネーション)


 ファットで時にブライトなギター・サウンドとポップでスウィートな詩情! 硬質なビートに支えられたザ・ピーコック・スーツのサウンドの中には、ビートルズを起点とするブリティッシュ・ビートのポップな進化のベクトルが巧妙に隠されている。佐野元春がフェイセズしたかのようなムードのあるトラック「ミルクと煙草」に
もシビレた。

  ──寺田正典 (レコード・コレクターズ編集長)


J-POPという言葉が大手を振って歩いている。それを嘆いている訳ではない。でも、その源泉としての洋楽を忘れちゃ困る。そう、彼らザ・ピーコック・スーツは洋楽なのだ。60年代から70年代にかけての洋楽の血をひく者たちなのである。彼らの音楽には、ビート・ポップやサイケデリック・サウンドが闊歩する魔法の街〜トイ・タウンへの切符が隠されているはずだ。だから素早くそれを見つけてマジカルでミステリアスな旅に出ようじゃないか。サビルロウで作った細身のスーツを着て。合い言葉は"カラフル&クール"で決まりだ。

  ──岩本晃市郎 (ストレンジ・デイズ編集長)


ビートが効いてて、ちょっぴりサイケ・フレイヴァー、そしてフォーキーな横顔も垣間見せつつ、ギターはプレイ・ラウド!そしてバンドはロック・ハード!! 
小松崎健郎が愛して止まないいにしえのブリティッシュ・ポップ/ロックへ最高のオマージュ。そしてそれを全方位から支える高橋一路。これってロックへ対する二人からの"恩返し"でしょ?羨ましいなあ!

  ──辻口稔之 (THE DIG編集長)


 ザ・ピーコック・スーツは2008年12月に、ミュージシャンの高橋一路と、音楽評論家/エッセイストの小松崎健郎によってレコーディングのために結成されたプロジェクト・デュオだ。60年代のブリティッシュ・ビート、フォーク・ロック、サイケデリック・ポップなどのエッセンスが凝縮された、懐かしくもあり新しくもある、まさに洋楽オリエンテッドなロック・デュオが今ここに誕生した。

  ──大谷康史 (HMVジャパン)


(C) 2000-2011 MMRecords. All rights reserved. 本サイトに掲載するすべての文書・図版・画像等を手段や形態を問わず複製、転載することを禁じます